通信速度制限のせいでスマホの回線が遅い!遅くなる前に出来る対策や解決する方法について

普段あたり前に使用しているスマホですが、ある日突然ゲームの通信が悪くなったり、動画が見られなくなったり、異常なほどにインターネットの接続が遅くなったりしたというケースはありませんでしょうか?

そんな時、原因を調べてみたらすでに通信制限だと言う場合が多々あると思います。まだ月の半ばなのに通信速度に制限がかかったりすると解除されるまでがストレスになってしまうことも…

スマホの通信制限とは?遅くなる前に対策しよう

通信制限とは各携帯電話会社が設けているパケット通信の制限のことになります。

契約時のプランに設定されていたパケット容量の上限値を超えてしまうとそれまでよりもだいぶ遅い通信速度になってしまうのです。各社ともギガバイトという単位で基本的に設定されていますが、通信速度が遅い場合は、その限度を超えているパターンがほとんどです。

良く見落とされるのはデータ通信を行う場合にはダウンロードだけではなくてアップロードも含まれることです。

分かりやすくいうとFacebookで写真や動画を投稿すると言う行為はアップロードになり、普段YouTubeを見ないからと言ってもSNSへのアップロードが多い方は実は予想以上に通信料を使っていることになるのです。

通信速度制限に引っかかったことがある人が、今後制限されないようにするための方法についていくつか紹介しますので、該当すると言う方はよろしければ参考にしてください。

ブラウザの選択で通信量を節約

『今月もインターネットや動画の見過ぎで通信制限に引っかかってしまった』と言う場合、どの様な対応をしているでしょうか?

手取り早いのがお金があったら料金を払って通信制限を解除する方法ですが、これは確かに問題解決にはなりますが、根本的なこととは少しずれてしまいます。

そもそも通信制限に引っかからないようにする為にはブラウザの選択で回避することができます。具体的にはどの様なブラウザの選択を行えば良いのかというとお勧めはGoogle Chrome とOpera Miniになります。

ご存知なかった方もいらっしゃると思いますが、通常はSafariを使用している方でもブラウザの選択1つでパケットを節約することができます。

どうしてGoogle ChromeとOpera Miniが良いのかというと、この2つのアプリの特徴としては、読み込むインターネットサイトのデータ量を圧縮し、早く表示をさせるための機能が搭載されているのです。

ブラウザの選択に欠かせないGoogle Chromeの設定方法ですが、そんなに難しくはありません。

Chrome設定のメニューからデータセーバーを選択してスライダーをオンにします。たったこれだけの操作をするとグラフが表示されるようになってウェブサイトのデータ量とスマホにデータが圧縮された形でデータ量が分かるのです。

試しに一度ブラウザの選択をいつものブラウザから変更してみると明らかにパケットがかかっていないことがご理解いただけるはずです。

自動更新機能のオフで無駄な通信を防ぐ

案外知られていないのですが、実はスマホ通信料の節約方法は自動更新機能のオフを行うことでも実現できるのです。

スマホを使っている中でiOS が最新になった場合にはバージョンアップのお知らせが来て、すぐに更新してくれる機能があります。

いつも安全に最新バージョンのiOSを使えると考えればとっても便利な機能なのですが、これを仮にWi-Fiが接続されていない場所で行うとするとだいぶパケットを節約してしまいます。

普段は自動更新機能のオフを徹底しておくことで、自らの意識のない場合には更新を防ぎ、パケット通信を防ぐことが可能となるのです。

因みに自動更新機能のオフを行うことはとても簡単ですので本日からセットすることができます。

今回はiOSを搭載している機種の中でも人気のあるiPhone6sを例にご説明をさせていただきますが『設定』の中に『モバイルデータ通信』と言う項目がありますのでそこをタップをします。

そして画面上で許可されているアプリを選んでオフにするだけです。これだけで自動更新機能のオフが完了します。

ご自宅にWi-Fiがあり、土日や休日など家から出ないという日には逆に自動更新機能のオフを解除しておけば知らない間にiOSを更新してくれます。環境に応じてパケット通信料のことを考えながら対応して行くと良いでしょう。

Wi-Fiを活用する

最近では飲食やオフィス、ホテルなどでもWi-Fiの活用がし易い環境になっておりますが、ちゃんとWi-Fiを活用されていますでしょうか?

Wi-Fiを活用すれば確実に私たちのパケット節約の強い味方となり、データ通信料を抑えることができるのです。またWi-Fiの活用とは言ってもご自宅に回線を引いて無線ルーターを配置する方法やスマホ端末とは別にモバイルルーターを契約する方法など、または公衆無線で無料のLANを活用する方法もあります。

Wi-Fiが利用できる環境が増えているので、常に『キャリアで契約をしている自前の電波を使わない』ことを意識しておくと良いでしょう。

ご自分でWi-Fiをセットするとお金が掛かるのではないかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、キャリアで契約をしているスマホは大体月に8000円~10000円かかっている場合もあります。またパケットが無くなったからと言って追加購入をしていると更に費用がかかります。

インターネットの利用をスマホの回線だけで行なっている場合には、気がついたら通信制限を超えてしまうことが多いので、ご自宅で可能であればWi-Fiを少しでも利用した方が節約になります。

この様にご自宅でゆっくりネット映画やドラマを見たかったりアプリをダウンロードしたり写真をアップしたりなど、今までキャリアのパケットだけで通信料を消費していた場合には、間違いなくWi-Fiの活用を行えば快適なスマホ生活が送れること間違えありません。

格安SIMプランを検討する

スマホ通信料をセーブする方法は格安SIMプランを検討してみるというのも一つの選択です。

最近では街中でもインターネットでも格安SIMプランの広告が増えてきました。速度の上限はあるとはいえ、話題の格安SIMプランですので中には月額2980円で使い放題のコースもある程です。

定額料金の範囲内で音楽や動画配信サイトを楽しみたいと考えている方には格安SIMプランがお勧めです。

しかし格安SIMプランを利用するにあたっては、ある程度の手間や知識が必要になります。

今使用している端末や通信をする回線が何なのかを把握しておかないといけませんし、必ず直ぐに利用できる訳ではないと言うことも予測しておかなければなりません。

格安SIMプランは既存のキャリアの月額料金に比べると圧倒的にメリットがありますのでインターネットなどで格安SIMプランランキングをチェックしてみるのも良いでしょう。

最後に

スマホ通信料の仕組みや日々の生活の中でパケットを節約できる方法についていくつか説明をさせていただきました。

結構身の回りに節約のヒントが転がっていることがお分かりいただけたのではないかと思いますが、大切な事は『今、どうにかパケットの節約ができないかな?』と常に自問自答してみることです。

私たちがスマホを利用ということは、比例をしてパケットも消費をすると言うことになります。

遅かれ早かれ毎月同じ繰り返しをしていると通信速度の制限にかかり『また動画が見れない、ゲームの通信やインターネットが遅くなった』とストレスに感じてしまいます。

経済的に余裕がある方であれば追加のパケットを購入することで一気にストレスがなくなりますが、お金はかけたくないし、少しでもパケットを節約して今のプランで利用したいと考えているのであれば、すぐにでも対応した方がいいです。

特にブラウザの選択はいつも見ているブラウザの使い勝手が良いので変えたくはないとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、裏を返せばGoogle Chromeなどいつも使い慣れていない物も慣れてくれば違和感なく利用することができますので、大切なことは『今日から始めてみる』ことです。

Wi-Fiについても最近では賃貸のマンションに完備されている場合もある程、飽和していているので家電量販店に行けばルーターが数千円で販売されています。

ネットの設定が分からず無線LANを利用出来る環境にもかかわらずルーターの設備を設けていない場合もあるかと思います。そんな環境で家族みんなでスマホを利用しているのであれば、かなり損している場合があります。

仮にWi-Fiを利用せずに各々が追加のパケットを購入していたとします。auのデータチャージが1GBで1,000円なので4人家族の場合、1人1,000円だとしたらパケット代だけで4,000円以上支払っていることになります。4,000円ってホームルータとしても使えるWiMAXの一ヶ月分の利用料金が払える金額です。

パケットの購入は、家計的にもかなりのロスになってしまいます。多少の初期投資があったとしても直ぐにリターンできますので家族で話し合ってWi-Fiを導入されることをお勧めします。

この様にほんの少しのことでもスマホ通信料を削減することができますので、検討してみてはいかがでしょうか?

みんなの評価
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の評価です。★をクリックするだけなので気軽に参加できます。