スマホの月額料金が高い!プランの見直し中なら格安スマホに乗り換えを検討してみては?

キャリアのスマホと格安スマホ

スマホを使うなら「ドコモ」「au」「ソフトバンク」と言った大手携帯キャリアを使っている人が大多数です。大手の安心感がありますが、これらの大手携帯キャリアを使うとスマホの月額料金の負担が大きくなりがちになっている方もいると思います。最近は安いプランも登場していますが、それでも5000円~6000円くらいの料金が発生しますので家計の大きな負担になります。

一方で最近は、格安スマホという月額料金が安いサービスが徐々にシェアを高めています。

格安スマホは大手携帯キャリアのサービスと比べるとやや癖がありますが、月々のスマホ料金を無駄に支払っていると感じている人なら積極的に格安スマホに切り替えたほうがよいといえます。

なぜなら格安スマホは利用した分の料金に調整しやすいメリットがあるので大手携帯キャリアのように過剰なサービスに料金を支払う必要がありません。普段からあまり電話をかけない、ネットをやらないという人なら格安スマホにした方が安くなる可能性が高いので早めに切り替えることをおすすめします。

ネットを良く利用する人でも月の通信データの状況によっては安くすることが出来る可能性も高いので格安スマホは要チェックです。筆者自身も良くネットを活用するので大手キャリアを利用していましたが、現在は格安スマホに変更して2,500円程度に抑えることが出来ているからです。

1年を通すと数万円も得するので大きな節約になります。

大手キャリアのスマホの月額料金が高くなる要因

日本の一万円

月額料金の高さの原因としてパケット定額サービスがあります。

定額サービスは「ドコモ」「au」「ソフトバンク」で採用されているものでスマホでネットを楽しむときに使いすぎを防ぐためのプランになります。

定額サービスに入っていない状況で多くのデータ量を使う通信を行っていると莫大な料金を請求されてしまいますが、パケット定額に加入していれば毎月一定額を支払うことでその月にたくさんのデータ通信を行ったとしても上限額を超える請求を避けることが可能です。

しかし、普段からあまりスマホで多くのデータ通信を必要としない人には、パケット定額の料金が高く感じられます。使って無くても毎月約4,000円~約6,000円程度の料金を毎月払っているからです。

他に、月額料金が高くなる原因としてかけ放題プランがあります。

どこに通話しても通話料無料になるのが便利ですが、利用するには毎月3,000円程度の基本使用料を払わなければなりません。あまり通話を利用しない人にとっては、これも無駄になる費用だといえます。高額のパケット定額プランにしている場合、かけ放題との合計だけで月額が10,000円を超えることもよくある話です。

毎月たくさん通話をして、ネットも楽しんでいるのであれば、大手携帯キャリアの月額10,000円程度は決して高くはないかもしれません。ネットも通話も定額料金で利用できますのでむしろ格安で利用できると判断できるくらいです。

しかし、この恩恵を得られるのはあくまでもヘビーユーザーの人たちです。

ライトユーザーには無駄にスペックが高すぎるサービス内容で好ましい状況ではありません。ただもう一つ、重要なポイントがあります。

それは端末料金です。

大手携帯キャリアでは通話やネットのモバイル回線利用料だけでなく、スマホ本体の購入もセットで行なえます。日本でシェアの高いiPhoneやAndroidなどのスマホです。

同時に購入すると一括の支払い以外にモバイル回線利用料である毎月の基本料金に含んだ形で割賦払いによるスマホ代金の支払いを行う形になります。大手携帯キャリアでは割引サービスを提供しており、2年契約などを結べば、スマホ代金の負担をあまり気にすること無く利用できるメリットがあります。

ですが、スマホ代金の支払いの完了時期と同じくらいに割引サービスの提供も終了するので最初とほとんど変わらない月額料金で自動更新の2年契約で利用を続けることになりがちです。

お得感があるようで実際にはそれほどお得ではないことを理解する必要があります。

料金やプランの見直しが重要!格安スマホは利用状況に合わせたプランを選ぶことで安くなる場合が多い

電話

大手携帯キャリアの定額サービスを必要としないなら格安スマホの活用を今すぐ始めるのが得策です。というのも、格安スマホは人によっては月額2000円もしない料金で利用できる場合があるからです。

格安スマホは大手携帯キャリアに比べると、料金が段階的に細かく設定されているものがほとんどです。しかし、細かく設定することで人それぞれの利用環境に最適な料金で通話もネットもスマホで楽しめるメリットがあります。

格安スマホに切り替える前に、大手携帯キャリアで使ってきた自分自身の環境、月のデータの通信量をまず調べてください。あまり通話をせず、ネットもメールが中心でウェブサイトをそれほど頻繁に閲覧する機会がなければ、格安スマホで十分です。

格安スマホは通話のサービスが大手携帯キャリアに比べるとあまりよくありません。従量制であったり、かけ放題であっても5分程度の短い時間や、月間で30分、60分などに限られた定額料金の設定です。

しかし、頻繁に通話をしない人なら無駄のないスペックだといえ、月額800円くらいが多めです。大手携帯キャリアのかけ放題のように月額2700円も取られることがありません。

ネットも同様です。

格安スマホのネット料金は大手携帯キャリアとは少し仕組みが違います。定額料金であることは一緒ですが、1日もしくは1ヶ月間のデータ通信量が決まっており、それに達すると通信速度が低速に制限されるようになります。

大手携帯キャリアは通信速度は良いのですが、プランの種類が多くないのがデメリットです。

格安スマホだと利用する人のデータ通信量に合わせて、1GBや3GB、10GBなどの細かなデータ通信量のプランを選べます。その分だけ料金が格安におさまりますので通話付きのプランであっても無駄のない料金設定が可能です。

たくさんネットを活用したい人なら、10GBや20GBなどの容量が大きいプランに加入すれば良いだけです。

利用しながら今のデータ量では足りない、もしくは余ってしまうという場合には、ネットで手続きすることで翌月からプランを変更できるサービスがありますのでとても効率的にスマホを使えます。

格安スマホの中でもおすすめ「楽天モバイル」とは?

格安スマホを使いたいならMVNOと呼ばれる携帯キャリアのサービスと契約するだけです。

殆どのMVNOが公式サイトで手軽に申し込める環境を整えていますから、ネットで検索して好みのところを選ぶだけで構いません。選ぶのが難しいなら、古くからMVNOとして格安スマホに参入している楽天モバイルにするのがおすすめです。

楽天モバイルは、楽天市場で有名な「楽天」が運営しているMVNOです。

料金プランとして、通話SIMと050データSIM、データSIMの3種類があり、それぞれにベーシックプランなどの利用できるデータ通信量によって違いのある組み合わせで料金が決まります。料金ページを確認した方が分かりやすいのでリンク先を参考にしてください。

通話SIMは電話回線とネット回線、SMSの機能を利用できるプランです。

050データSIMは、電話回線ではなく、ネット回線で格安に音声通話を利用できるIP電話を活用したものです。これにショートメッセージサービスのSMSとネット回線がセットになったプランです。

データSIMはネット回線のみのサービスで通話やSMSは利用できませんが、最も安いです。

ベーシックプランはネットし放題のサービスですが、低速通信に抑えられますのでほとんどネットを使わない人に適しています。その他の3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBのプランは高速通信が可能ですのでゲームや動画をやる人に向いているプランです。

楽天モバイルには大手携帯キャリア並のかけ放題プランがあり、オプションとして楽天でんわという通話アプリを使ったサービスで月額2380円で国内通話が何時間でもかけ放題です。5分間のかけ放題も選べますが、こちらは月額850円と格安です。

スマホを持っていない、もしくは機種変更したいなら、端末セットがお得!必要最低限の格安な使いやすいスマホから高品質なスマホまで揃っています。毎月の利用料金と一緒に割賦払いも可能ですし、一括払いにも対応しています。楽天ポイントの支払いに対応しているのも魅力です。


まとめ!格安スマホは実際どれぐらいの料金になるのか?

楽天モバイルで契約すると音声通話付きでベーシックプランなら月額1250円、最も通信量の多い30GBのプランなら月額6150円です。

30GBプランだと大手携帯キャリアと変わらない料金ではあるものの、多くのスマホ利用者が1GBもデータ通信を利用していない状況を考えると3.1GBのプランであれば月額1600円の料金に抑えられますのでこれで充分かもしれません。

通話は従量制になるものの、かけ放題プランを活用すれば、通話料を抑えやすくなります。

5分間のかけ放題が月額850円ですので3.1GBプランとセットで利用すれば月額で約2500円ぐらいです。大幅に大手携帯キャリアよりもスマホ料金が抑えられることがわかります。

端末は必ずしもセットで購入する必要がなく、今使っているスマホがサービスに対応しているなら格安SIMのみで簡単な手続きでそのまま利用できるのもメリットです。データ通信のみの格安SIMを契約するのであれば2年契約などの縛りのないMVNOが多いのも魅力だといえます。

SIMのみでいいのであれば大手キャリアのように途中で解約することで高い違約金を取られる心配がなく、長期契約による割引がなくてもかなり月額を抑えて利用することができます。

ただ音声通話付きのSIMの場合は最低利用期間が定められていたりするので注意が必要です。

契約解除手数料は、お申し込みプランやキャンペーンによっては異なる場合があるので「解約に関しての項目」は必ず目を通すようにした方がいいでしょう。

みんなの評価
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の評価です。★をクリックするだけなので気軽に参加できます。