スマホが壊れてデータが消えるのを防ぐためにもマメにバックアップを取ろう

スマートフォンのひび割れ

パソコンの様にとても快適に使用できるスマホですが、パソコンと同様に普段からバックアップを行なっておかなければなりません。知っていても実際にまめに行なっている方と言うのは案外少ないと思います。

スマホが上手く動かなくなって壊れてしまった場合や紛失してしまった場合にはそれまでの写真やゲーム等のデータが見れなくなってしまいますので、後悔することになります。

面倒なのでいちいちバックアップを行なっていないと言うケースが多い中で、どうしてバックアップが必要なのか、またその方法について書いていきます。

バックアップの必要性

バックアップが大切だと言っても納得がいかない、バックアップをする習慣が身につかないと思いますので必要性をご理解いただければと思います。

元々パソコンと同様に小さな機器の中で電話帳、メール、写真、スケジュールそして色々なアプリなどかなり多岐に渡りますので慣れていない人にとってバックアップはやや大変な作業なのかも知れません。

『自分のスマホに限って次の機種変更の時まで何事も起こらないだろう』と思っていても万が一データが消えてしまうと2度と戻ってくることはありませんので大切な思い出をなくさない為にもスマホはバックアップの必要性があるのです。

大切な写真や何かしらのパスワードや貴重なメッセージが書いてあるアプリのデータがもし消えてしまうと、最悪の場合には生活に支障が出ることもあり得ます。

お金がたくさん入っているお財布と同じ位の価値がスマホにはあると考えれば更にバックアップの必要性を感じられると思います。

ご結婚されている方であれば自分だけの個人情報だけではなく、奥様の情報やお子様の学校の情報がスマホに入っている場合もあります。スマホが盗まれたり水没事故に合ってしまって全ての情報が瞬時に無くなってしまう可能性もあるので気をつけたいところ。

上記のこともありますのでもしスマホに大量のデータを保存しているのであれば、バックアップの必要性を意識した方が良いでしょう。

バックアップさえしておけば仮にスマホが事故にあってしまった場合にも新しいスマホにした時にデータを復元できますので一安心です。

そうなった時に心の底からバックアップの必要性を感じていて良かったと思うはずです。

クラウドストレージの活用

『クラウド』と言う言葉を聞いたことはあるかも知れませんが、クラウドと聞くとちょっと難しそうなイメージがあると思います。しかし慣れてしまえばとても便利なスマホのバックアップ方法なのです。

分かりやすくご説明するとインターネット上に存在するデータを保管してくれる倉庫の様な物です。

ご自分のIDやパスワードが分かれば場所を問わずに何処からでもクラウドができてアクセスすることが可能なのでとても便利なのです。

メリットとしては上に記載をした外部記録媒体でデータを保管するよりも汎用性が高くこれからのデータ保存はクラウドの活用が支流になるのではないかと思わせるほどです。

世の中には沢山のクラウドサービスがありますが、できれば1つのクラウドサービスに絞って利用した方が良いでしょう。

複数のクラウドサービスを利用するとIDやパスワードの管理やどのデータをどのクラウドサービスに預けたかを忘れてしまいやすいからです。

興味がある方はネットで検索をしてみると良いでしょう。

スマホのバックアップについて

人気スマホ機種であるiPhoneとAndroidについてご説明をさせていただきます。

iPhoneのバックアップ

iOS5以降が搭載されている機種でしたらiCloudが利用可能です。

iCloudと言うのはネット上にデータを保管することができるサービスとなり、iPhoneのスマホバックアップの方法では最もポピュラーと言っても良いでしょう。

そしてこの方法でスマホバックアップの方法を実践するにはWi-Fi経由でネットに繋がれていれば後は本体側の簡単な設定を行えば大丈夫です。

『設定』画面から『iCloud』をタップして『ストレージとバックアップ』画面でバックアップを有効にセットしておけば自動的にバックアップを行なってくれるのです。

スマホバックアップの方法がこんなにも簡単なのかと言うことがご理解いただけると思います。

自分の意図でバックアップを行いたいのであれば『ストレージとバックアップ』の箇所で『今すぐバックアップを作成』を選べば手動でバックアップを取ることも可能です。

ただiCloudの容量には上限がありますので保存するにはアドレス帳なども軽いデータがお勧めです。

Androidのバックアップ

Googleアカウントとの同期もしくはJSバックアップなどバックアップアプリを用いる方法が一般的です。

Androidの場合にはiTunesみたいな母艦的なソフトはございませんので、スマホをケーブルを返してパソコンに接続をする方法で行っている方もいます。

パソコンがないと言う方はmicroSDカードを活用して保存すると良いでしょう。

因みにAndroidのmicroSDカード設定方法メニューから『設定』を選び『microSDと端末容量』をタップするとデータ容量リストが表示されますので画面一番下のmicroSDバックアップを選択します。

その後にどのデータをmicroSDにバックアップするかを選択できますので必要に応じてデータを選びます。

外部記録媒体の活用

ちょっと難しい言葉に聞こえるかも知れませんが外部記録媒体の活用とは、従来からあるパソコンのバックアップ方法と同じスタイルになります。

いつもパソコンのバックアップを行なっている方であれば使い勝手が慣れていると言うこともあってすぐに取り入れられるはずです。

外部記録媒体の活用を行えば手軽にデータを保存することができます。初心者の方でも比較的簡単に利用することができますのでこの方法は人気が衰えていません。

外部記録媒体の活用といえばSDカードが思い浮かびます。

特に写真や動画などの高画素で綺麗に保存や再生ができる媒体ほどコンテンツの容量が増えて行きますので、SDカードを活用する場面も増えてくると思います。

この様に外部記録媒体の活用にはメリットが多くありますが、逆にデメリットと致しましてはSDカードはとっても小さいことです。

本体ごと失くしてしまうリスクがあったり、SDカードの保管方法が悪かったりすつと外部記録媒体の活用をしても読み込めなくなりますのでデータが見れなくなってしまいます。

複数枚のSDカードを保管すると管理が面倒だと言うこともあります。

他の方法もありますので、保存しようとしているデータ量を含めてSDカードを利用するかよく考えてみると良いでしょう。

フラッシュメモリの活用

元々フラッシュメモリの活用はパソコンでは良く使われていましたが、最近ではスマホにおいてもフラッシュメモリの活用の需要が増えて来ており、特にWi-Fiの環境外部ないユーザーが購入するケースが多く、スマホ専用の物も販売されています。

フラッシュメモリのメリットですが、Wi-Fiの環境が無い所でも使用できる点、またスマホとパソコン間のデータのやり取り簡単にできます。

何と言ってもスマホ本体とは別のフラッシュメモリにデータ保存することになるのでスマホを紛失した時にもデータは残っているので安心です。

フラッシュメモリのデメリットですが、データを外出先で使用する場合には持ち運ばないといけませんので忘れてしまうリスクがあります。

安価だからと言って海外製の商品を購入すると取り扱い説明書が英語であったりするので、使い方が分からなくなってしまう場合があります。

スマホ本体の接続部分が故障してしまうとフラッシュメモリが差し込めずに使えなくなってしまいます。

この様にフラッシュメモリでバックアップを取るにはメリットとデメリットがありますのでご自身のスマホライフに合っているかを吟味してみましょう。

まとめ

今や老若男女を問わず、3人に1人は必ずスマホを持っていると言っても過言ではない位に電車の中やレストランでもみんなスマホを見ています。そして多くの方が携帯できるスマホを使って写真を撮ったり動画を撮ったりその場の思い出作りに役立てています。

今の時代ではスマホは今や365日手放せないとても貴重な存在となります。最近では手帳を持つ人がかなりの勢いで減っているという位、仕事で使う情報やプライベート、ご家庭の情報をスマホに入れて荷物の軽量化をしたり効率化を図っています。

特に住所録についてはもしも全ての連絡先をスマホに入れていたとするならば、何らかの不慮の事故でスマホが使用不可になってしまうとご友人や取引先、また家族や親戚にさえ連絡が取れなくなってしまいます。

スマホ自体の故障であれば修理が可能な場合が多いですが、データに関しましては復帰させることが不可になるとどんなに嘆いてももう二度と帰ってきません。

今は問題がないかも知れませんが、そうなる前に定期的にご面倒かも知れませんがバックアップを取っておけばリスクを回避することができますので、ぜひバックアップをお勧めします。

みんなの評価
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の評価です。★をクリックするだけなので気軽に参加できます。